2020年のメイクのキーワードはグリッターアメリカのZ世代に絶大な人気があるドラマ「Euphoria」のメイクが話題

2020年のメイクのキーワードはグリッターアメリカのZ世代に絶大な人気があるドラマ「Euphoria」のメイクが話題

アメリカのティーン(特にZ世代)に絶大な人気を誇る「Euphoria」のメイクが話題になっている。 VOGUE やファッション誌GLAMOUR(america) でも取り上げられている。

アメリカで話題のZ世代の 人気ドラマ「Euphoria」って?

Euphoria」 はアメリカで話題になっているドラマ。10月30日より日本でもスターチャンネルでスタートしている。

ディズニーチャンネル出身の俳優・歌手・ダンサーとして活躍するゼンデイヤが、これまでの清純なイメージを覆す難しい役どころに挑戦し、演技派としても開花したことでも話題となっている。製作総指揮には北米を中心に世界中の若者から圧倒的な支持を受け、グラミー賞も受賞したラッパーのドレイクが名を連ねる。 「ユーフォリア」とは、幸福感や多幸感を意味する。主人公のルー(ゼンデイヤ)は、わずか17歳にして重いドラッグ中毒患者であり、薬物リハビリ施設から戻ったばかりだが、更生する気はまるでない。『ゲーム・オブ・スローンズ』をはじめ、テレビ界の常識を覆す作品を送り出してきたHBOならでの、リアルかつ冒険的なティーン・ドラマ。

スターチャンネルより引用

2020年に流行の兆し
人気ドラマ「Euphoria」 のメイクって ?

ユーフォリアメイクとは海外ドラマEuphoriaの中で使われているメイクで、目元に重きをおいたメイク。90年代を意識したグランジメイクにネオンカラーのラメがはいったグリッターを施し、さらに星のラメを付けるなどした涙風メイクや、アイホールに派手なグリッターのアイシャドウをしたメイクなどが人気。
SNSではEuphoria make-upというカテゴリーでユーフォリアのメイクを真似をした写真が多くアップされている。
日本でもグリッターのはいったアイシャドウや、アイラインが売られ始めている。フェスやパーティーで試したいメイクだが、2020年にはグリッターが普段使いになるかもしれない。

Beautyカテゴリの最新記事